JA東京スマイル

事業紹介

営農指導

営農支援事業

JA東京スマイルでは、高齢や病気・怪我等により、営農が困難な正組合員に対し、農作業の一部を受託し、農業経営の継続を支援する営農支援事業を行っています。

ご利用いただける方

次の項目のいずれにも該当した場合に限ります。

  1. JA東京スマイルの正組合員、または同一世帯に属する方
  2. 高齢・病気・怪我・その他の理由で営農が困難な方
  3. 将来にわたり営農を継続する意思のある方
料金
基本料金(税込)

1日 5,400円/人  (AM9:00~PM5:00 実働7時間)

農業機械使用料金(JA所有の農業機械を使用する場合)

トラクター 1,080円/台
バックホウ(ユンボ) 1,080円/台
チッパー 1,080円/台
刈払機 1,080円/台

※消費税込みの金額になります。
※組合員の皆さまがお持ちの農業機械を使用する場合は、基本料金のみで承ります。
※農業機械を使用する場合は、作業員の安全確保の観点から原則2人以上で1組とさせていただきます。
※農業機械使用料金は、1時間以上7時間未満であっても使用時間に限らず1日単位とします。


クリックで拡大します。

農機具レンタル事業

JA東京スマイルでは、農家組合員のご期待に応えるべく、農機具のレンタル事業を行っています。 現在、トラクター(20馬力深耕ローター)・バックホウ(ユンボ)・チッパー(粉砕機)・刈払機を所有しており、回送作業までJAが行います。

ご利用いただける方
  1. JA東京スマイルの組合員、または同一世帯に属する方
  2. JA東京スマイル管内に住所を有する生産団体
料金
1日料金(税込)

時間:AM10:00~PM4:00 ※JAによる回送あり。

トラクター 1,080/台
 バックホウ(ユンボ) 1,080円/台
 チッパー 1,080円/台
 刈払機 1,080円/台

※農業機械使用料金は、1時間以上6時間未満であっても使用時間にかかわらず1日単位とします。


詳しくはこちらをクリック

お申し込みは各支店・経済営農センター 営農支援係まで

足立支店   03-3887-7501
 高野支店   03-3890-5732
 伊興支店   03-3899-6262
 花畑支店   03-3885-6411
 皿沼支店   03-3853-1231

葛飾支店    03-3602-6261
 柴又支店    03-3657-4131
 水元支店    03-3609-3596
 奥戸支店    03-3694-3711
 北綾瀬支店   03-3628-2211

江戸川支店  03-3652-3101
 新葛西支店  03-3804-7071
 鎌田支店   03-3670-0231
 鹿骨支店   03-3670-0237

経済営農センター 営農支援係 0120-11-6350/03-3859-1721

お問合せ先

本部 経済営農指導部 営農指導課 03-5680-8953

短期暴露評価

短期暴露評価について

農薬の登録にあたっては、これまで、残留農薬の摂取量について、一日摂取許容量(ADI)※1を超えなければ食品安全上問題ないものと判断されてきましたが、これに加え、急性参照用量(ARfD)※2を超えないかという点についても評価(短期暴露評価)されることとなりました。

短期暴露評価の導入に伴って、農薬の使用方法が変更される場合があります。東京都病害虫防除所や各農薬メーカーのホームページ等を参考に、正確な情報のご確認をお願いします。

農薬の残留基準設定の流れ

食品安全委員会が農薬のヒトに対する健康影響についてリスク評価を行い、厚生労働省がその評価結果に基づき食品中の残留農薬基準値を設定します。これらの審査により安全性が確認された後、農薬として使用許可されます。


無毒性量:
ある物質について何段階かの異なる投与量を用いて毒性試験を行ったとき、有害影響が認められなかった最大の投与量。
安全係数:
動物実験のデータを用いてヒトへの毒性を推定する場合、通常、動物とヒトとの種の差として「10倍」、さらにヒトとヒトとの間の個体差として「10倍」の安全率を見込み、それらをかけ合わせた「100倍」を安全係数として用いる。

短期暴露評価により変更される農薬の使用方法の変更については、東京都病害虫防除所ホームページでご確認ください。
東京都病害虫防除所(外部サイトへ)
コマツナで使用できる主な農薬一覧

※この一覧は2018年3月1日現在のものです。追加・削除等の変更がある場合もございますので、最新情報は「東京都病害虫防除所(外部サイトへ)」のホームページでご確認ください。

生産履歴管理・記帳用紙ダウンロードサービス

担当部署:経済営農指導部 営農指導課

食への安全・安心に応える生産履歴管理・記帳

「農薬取締法改正 平成15年3月10日施行」に伴った生産履歴管理・記帳用紙が無料でダウンロードできます。
  ※こちらの用紙はJA東京スマイル専用用紙です。当JA管内農家が対象ですので他では使用出来ません。
  ※専用用紙を不正使用したり、部分的に変更等を行って使用することは厳禁です。
  ※このサービスはJA東京スマイル経済営農指導部  営農指導課までお問い合わせください。

※ダウンロードに際し、当JAでは一切責任を負いません。

ダウンロードサービス内容
こちらのダウンロードは印刷用用紙です。 こちらのダウンロードファイルは、Excelで作成されています。
ダウンロード後、パソコンで加工・入力が可能です。
  1. 農作業メモ(PDF版)
  2. 生産日誌(栽培・出荷・防除記録)(PDF版)
  3. 生産日誌記載例(PDF版)
  1. 農作業メモ(xls版)
  2. 生産日誌(栽培・出荷・防除記録)(xls版)
  3. 生産日誌記載例(xls版)
栽培履歴記録(JA東京スマイル直売所向け) ダウンロード
こちらのダウンロードファイルは、Excelで作成されています。
ダウンロード後、パソコンで加工・入力が可能です。
  1. 栽培履歴記録(JA東京スマイル直売所向け)(xls版)
  2. 主要6品目別防除記録(xls版)

※主要6品目別防除記録は、直場所以外にも生産日誌としてご利用いただけます。

Get ADOBE READERPDF形式で保存されている書類を開くためには、 Adobe Acrobat Reader が必要となります。右のバナーよりADOBE READERをダウンロードしてください。

GAP認証制度について

近年、「食の安全」に対する関心が高まるなか、農産物の安全性や消費者の信頼を確保するための取り組みとして、GAP(農業生産工程管理)制度があります。
 GAPとは「Good Agricultural Practice:良い農業の実践」の頭文字で、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行う持続的な改善活動です。
 農業者がGAPに取り組むことで「食の安全」だけでなく「環境の保全」「労働の安全」「品質の向上」「農業経営の改善」の効果が期待されます。

NOSAI東京「収入保険」について

平成31年1月から新たに始まる「収入保険」は、農業をされている方の経営努力では避けられない、自然災害や農産物の価格の低下などで、売上が減少した場合に、その減少分の一部を補償する保険です。基本的に、農産物ならどのような品目でも対象となります。
 保険料率は1.08%(50%の国庫補助後)で、収入保険に加入していれば、農家ごとの平均収入の8割以上の収入が確保されます。 平成30年10月から加入申請が始まり、青色申告の実績が1年分あれば加入できます。詳しくは、農林水産省HPをご覧になるかJA東京スマイル営農指導課または東京都農業共済組合にお問い合わせください。

東京都農業共済組合(外部サイトへ)
農林水産省ホームページ(外部サイトへ)
このページのトップへ
直売所


住宅ローン
小口ローン
ネットバンキング
関連サイト みんなのよい食プロジェクト とうきょうの恵みTOKYO GROWN